• 山里の大切さを、山里の人とともに考える

    農山漁村のキラリと光る魅力を、その地域の人自身が発見して見直す活動を支援しています。植物利用・自然とつながる暮らしをテーマに、調査研究、啓発教育、交流活動も行っています。

  • 宮崎県椎葉村の神楽を見せていただきました

    椎葉村の神楽は村内のあちこちの集落で毎年12月頃に行われています。神楽の内容は大筋同じでも、ちょっとずつ違いがあるようで、今回訪れた嶽ノ枝尾では、旅人が宿を借りに来る「宿借」という演目があることが特徴です。遠山郷の霜月祭り・奥三河の花祭りでは女性は見物にすら行かないものだったのですが、椎葉では見物の女性がはやしたてるという活躍をします。そんなことと引き比べて興味はつきません。

    奥三河の花祭りの里から参加したメンバーの感想……「すぐ近くに天孫降臨の地(*)があるという信仰の背景が祭を継続する力となり、演目も洗練されていったのではないかと ...



  • リアス式海岸の尾鷲市須賀利では、イセエビ漁が始まっています

    須賀利の家々の屋根(2018年11月中旬)
    三重県尾鷲市須賀利の集落(2018年11月中旬)

    11月中旬に縁あって三重県尾鷲市須賀利(すがり)を訪れました。須賀利は「にほんの里100選」の一つに選ばれている景観のいいところです。リアス式海岸に貼り付いたような集落は、灰色の瓦屋根がきれいに並び、落ち着いたたたずまいです。

    ここは昭和54年まで外部から来る車道がなかったところで、ということはそれまで集落の中を車が走ることもなかったわけで、道はとても細く、人間の体の感覚にしっくりきて、居心地がよく感じます。

    海伝いにそこへ行くしかない集落というのは、日本中、世界中、かつては普通にたく ...